保健師の私の、起業からはじまった路(未知)、足跡。 あなたに寄り添うことに覚悟を持って。
ご無沙汰です。杜椛(とも)です!

先日、お隣の街、笠松町の「支え合いサポーター養成講座」の講師をさせて頂きました。
地域のために何かお役に立てたらという方々が50名以上参加。
すでにサロンの運営や民生委員として活躍中の方も。
私は「障害者の理解・接し方」のコマで楽しい時間を過ごしました。

振り返れば私もカフェディアス時代にいろんなことを仕掛けました。
だってカフェディアスは、当時は注目された地域密着型コミュニティカフェ。
社協さんの協力で、地域のお年寄りを集めて援護マップを作ったり。
地域の居場所としてのサークルをやったり。
SOSの出せる場所にしたかった。

いろんな経験をして、「思いだけでは続かない」ってことを学びました。

そしてこの2月から、カフェディアスの場所で「くらしケア岐阜訪問看護ステーション」の運営をしています。
もうすぐ各務原営業所、次は江南営業所を立ち上げます。
おかげさまで仲間も少しずつ増え、これからも拠点を増やしていきます。

看護師さんが「熱い思い」だけで立ち上げると訪問看護ステーションの経営はきっと苦労します。
1つのステーションを立ち上げるには、2.5人の看護師を集めなければなりません。
開業当時は訪問がなくても、お給料は発生します。
訪問用の社用車、備品、事務所家賃・・・。
経営者兼管理者で立ち上げて、自分のお給料が取れるようになるのはいつだろう・・・。
もちろん現場は楽しいけど、しんどい・・・。
そんなステーションが全国にある気がしています。

看護師さんは経営のことまで頭を悩ませずに、現場でイキイキ仕事をするべきです。
それが地域のご利用者さまのためになるから。
訪問看護ステーションの運営をしていて、しんどいなあっていう管理者の方がいたらぜひご連絡ください!!
場所は日本であればどこでも☆
くらしケアの仲間募集中です!

電話:058-260-5595
mail:info@kurashicare.com


【2016/09/04 19:27】 | くらしケア
トラックバック(0) |
暑中お見舞い申し上げます。
夏休みは必ず家族でどこかにお出かけ。
ここ数年、我が家の夏は大阪でした。
USJに行ってワンピースのショーを観る。
大阪名物をたらふく食べる。

でも、子供たちも大きくなりました。
今年20歳と18歳。
バイト、テスト、デートの予定などなど。
4人全員の合う日程がなく、断念。

私はというと、おかげさまで「くらしケア」の事業が順調。
障がい児・者の訪問看護、福祉サービスを使うための計画相談、住まいの相談などをしています。
HPはこちら!→ http://kurashicare.com/
FBはこちら!→ https://www.facebook.com/kurashicare/

ご利用者さまのことを考えたら、くらしケアのお盆休みはなく、スタッフは交代でお休みをとりながら仕事をします。
くらしケアのスタッフは、8月2日に1人仲間が増えるので、看護師5人、作業療法士1人、事務1人。
あとは、社長と私の計9人になります。
9月には各務原に事務所を増やします。
あと、愛知県江南市にも。
なので、仲間大募集中です!!!
経験はなくても大丈夫です。
看護の基本を理解されてる方なら☆
そう、ナイチンゲールの看護覚え書。
「観察すること」「環境を整えること」

私は、計画相談と訪問看護の両方をやってます。
身体障がい、知的障がい、精神障がい、発達障がい、内部障がいの方々が地域で安心してその人らしく暮らせるように。
いつでもお気軽にご相談ください。

さらに!!
キャンナス岐阜でも、仲間を募集中です!
こちらは、仕事をしながら休みの日に活動してくださってる方がほとんど。
できることをできる範囲で。これがキャンナス。

近況はそんな感じ。
今は仕事が楽しくて。
立ち上げたばかりなので、朝から晩まで仕事のことばっかり。
あ、でも夏休みは1日だけ取りたいと思ってます(笑)
貴方にとっても、楽しい夏になりますように☆


【2016/08/01 07:39】 | こんな仕事してます
トラックバック(0) |
保健師、看護師、ケアマネジャー、相談支援専門員(障がい福祉のケアマネジャー)の杜椛(とも)です。
今、これだけの資格をフル活用して仕事ができる幸せを実感してます☆

2015年10月、障がい児・者のくらし全般をサポートする、株式会社くらしケアが誕生。
2016年2月、くらしケア岐阜訪問看護ステーション、くらしケア介護障がい相談センターを開業。
そして、10月までには訪問看護ステーションの拠点を各務原市と愛知県江南市に増やします。
そのために、くらしケアでは看護師、保健師大募集中!
訪問看護の経験はなくてOK!
20代、30代の若い方からリタイア後の人生経験豊富な方まで!
精神保健福祉士、精神科作業療法士も募集中。

平成27年、厚労省は障害者総合支援法の対象となる疾病数を332種類に拡大しました。
医療と福祉、療育や教育の統合。
精神障がい者の地域移行。
医療的ケアの必要な重症心身障がい児の在宅支援。
放課後等デイサービスの急増に伴う利用相談。
就労継続支援A型事業所、B型事業所への就労相談。
障がい者の親亡き後問題、住まいの相談。
障がい福祉サービス事業の運営支援。

くらしケアの2016年6月末現在の仲間は7名。
障がいに特化した様々な専門的支援を目指します。
誰でも見れる、facebookページはこちら→くらしケア
何度も言いますが、仲間募集中☆

2015-6-24_convert_20160628062140.jpg



【2016/06/28 06:28】 | スーパー保健師tomoの軌跡
トラックバック(0) |
こんにちは。スーパー保健師tomoです☆

先日、facebookでシェアしたら、話題に!
娘ちゃんの教科書。ジェノグラム(家系図)の記載の仕方です。

img100_convert_20160616213720.jpg

私が看護学生の時の教科書は、男性と女性の書き方だけだったはず。
今は、ゲイ、レズビアン、バイセクシュアル、男→女、女→男、ペットもある!

すごいなあ。多様性を認める時代。

区別や差別ではなく。

今、重い障がいを持つお子さんや難病の方、精神障がいの方々の相談や訪問看護を主な仕事としている私ですが。
以前の私だったら偏見があったと思います。

たとえ病気や障がいがあっても、その人がその人らしく、持てる力を最大限に活かして豊かな毎日を送ることができるように。
日々、ご利用者さまの可能性を信じ、力を信じ、伴走できる支援者でありたいと思います。

くらしケアTwitter始めました! @kurashicarecom フォローしてね☆


【2016/06/16 21:47】 | こんな仕事してます
トラックバック(0) |
こんにちは。杜椛(とも)です。
ブログの更新をさぼってました^^;
とにかく目まぐるしく目の前の景色が変わって、ジェットコースターに乗っるみたいに楽しんでます。

先日、すっごい人に出逢いました。
吉藤オリィさん。

13344703_1038768329537992_731251248738743497_n_convert_20160607074725.jpg

すっごいイケメン。
そして、ご本人には大変失礼ながら、宇宙人!!!
リアル・ドラえもん!!!
なんだそれ??

オリィさんの紹介はこちらをぜひ☆ → みんなの夢アワード

おりひめの開発者です。
ただのロボットじゃない。これはね、分身なの。見て体験しないとそのすごさはわからないのかもしれない。
だから、岐阜にオリィさんをまたお招きして、たくさんの人に知ってもらえるようにしようと思っています。

さて、出逢いの経緯はこんな感じ。
相談支援専門員(障がい福祉のケアマネ)として、ご支援している筋ジストロフィーの方がもうすぐ気管切開をします。
気管切開をすると、会話ができなくなります。
少しだけ動く手と目の動きでコミュニケーションをとるために。
意思伝達装置っていう福祉用具が開発されてます。
でも、その使い勝手の不自由さで、コミュニケーションをとるのをあきらめたりする人たちがいる。

オリィさんが開発中の画面上に視線を送って伝えたいことを入力し、それを分身ロボットオリヒメが話すコミュニケーション。
上手く伝えられないけど、夢と希望に満ちていました。

オリィさんができないことを可能にし、誰も考え付かないような発想で重い障がいを抱えた人たちの生活が豊かになる。
動けなかった人が自由自在に行きたいところ行き、世界が広がる。
まだここで私がシェアすることはできないけど、あきらめる必要なんてない。
もうそれは近い将来やってくる。

私は地球人で超凡人だけど、必要な時に絶妙なタイミングで出逢いを引き寄せるラッキーなところがある。
障がい児者のくらしは必ず豊かになる。
いつでも、くらしケアに相談してください☆ 058-214-6592


【2016/06/07 08:18】 | スーパー保健師tomoの軌跡
トラックバック(0) |