保健師の私の、起業からはじまった路(未知)、足跡。 あなたに寄り添うことに覚悟を持って。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんばんは。杜椛(とも)です
星を見てきました

「木星、見えますか?」
小学校低学年くらいの男の子とパパ、働きながら定時制高校に通う女の子2人組み、大学生カップル、4人家族の男の子はゲーム機で遊びながらも望遠鏡の前でゲームをやめて・・・
「木星の輪っか、見えました?」
次々に、望遠鏡を覗いては、話しをしていきます。

友人が、不定期でJR岐阜駅南口に出没します。
寒いので完全防備です

2012_0123_203433-P1030650.jpg

そばを素通りする人も、必ず空を見上げて行きます。
視線を少し、上に上げてみるだけでも、見える景色が変わります。

夫が初めて実家の中津川に来た時、「星が降ってくる!」と驚いて言ったのを思い出しました。子供の頃から当たり前の夜空は、岐阜の夜空と比べると、本当に違っていました。
実家は、亡き父が川から拾ってきた石を一つ一つ積み上げた石垣の上にあります。高台の庭から見る星は格別なんだと、実家に帰りたくなりました

スポンサーサイト

【2011/12/23 21:36】 | 元気の源
トラックバック(0) |

承認待ちコメント
-


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012/07/23(Mon) 23:34 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。