保健師の私の、起業からはじまった路(未知)、足跡。 あなたに寄り添うことに覚悟を持って。
ささ今日気持ちのいいお天気です。こんにちは、杜椛(とも)です

あなたには、何に見えますか?
図1

ゲシュタルトの地と図。

先日の第2回がんサポートデイ。
患者さん、ご家族、ご遺族。そして医療関係者と支援者。
健康支援ディアス が目指している、「がんに関わるすべての人たちへの支援」が実現した日でした

実は、今回のイベントでは患者さんやご家族・ご遺族と共に過ごせることには変わりなかったのですが、エーザイ職員の皆様の研修のお手伝いもしていました。→ 講演日記

私は、こころとからだが喜ぶランチ会の参加者、松波総合病院の患者会「絆の会」の皆様、いつも応援してくれる仲間がいっぱいいたので、大船に乗った気持ちで前に立つことができました。

心が動き、場が動き・・・がんに関わるすべての人たちが、一つになった・・・その瞬間に立ち会えたことは、これからの私の活動の原動力となっていくでしょう

ゲシュタルトの図。見方によって、老婆に見えたり、貴婦人に見えたり・・・。
私たちは、見たいように見ています。
今ここを、どう見て、どう感じて、どう生きるかを決めるのも自分。

ランチ会での恒例、「最近あったイイこと」でみんなに公表したことの実現に向けて、頑張ろうと思っています

いつもいつも、応援をありがとうございます


スポンサーサイト

【2011/10/16 10:18】 | がんサポート・ターミナルケア・在宅医療
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック