保健師の私の、起業からはじまった路(未知)、足跡。 あなたに寄り添うことに覚悟を持って。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんにちは。杜椛です

友人で、企業で働く美人ナースかおりんのブログを読んで、いろいろ考えました。まずはあなたも読んでみてください。→ そのままのあなたと歩いていたい
患者と医師の間の通訳・・・これって ICサポーターのことだ

この事業は、がん経験者の声からはじまっています。
がんの告知を突然受けたら誰でも頭が真っ白になります。
告知当日の話を冷静に聞ける人がいるでしょうか・・・?
そして、治療について、早めの自己決定を迫られる・・・。
そこに、医療の資格のあるICサポーターが病院と患者さんのかけ橋になります。

以前、知り合いの看護師さんに声をかけたことがあります。
彼女は「私はがんの専門看護師でもないし、がんの新しい情報も知らないから、ICサポーターになる自信はない」と言われました。・・・私だってそう。私なんて臨床経験もない。だけど、ICサポーターは基本的な知識があればできるというのが私の考えです。日頃の看護師と患者さんの関係の中で、看護師は看護を提供する人であり、援助してあげる存在であるならば、それは患者さんより少しだけ上の立場でいなければなりません。対等な立場であれば、わからないことは患者さんと一緒に調べればいいし、一緒に主治医に聞きに行けばいい。看護師は患者さんに寄り添える人であればOKなのです

さらにICサポーターは、傾聴ができ、自分たちの経験を生かしたいと考えるがん経験者、家族、遺族もチームの一員です。彼らにこそ話を聴いてほしいと思う患者さんも多いです。ただ、がんは人それぞれ。同じがん種でも、治療法も違えば、症状や進行度も違う場合があるので、人と比べることより自分のがんと向き合って頂くたくためのコーディネートも必要だと思っています。

ICサポーターは、NPO法人がんサポートセンターとの共同事業で、有料サービスを考えています。
ただ、それでなくても医療費がかかる患者さんからお金を頂くことがどうしてもできなくて、現在試行中ということで無料でやっています。
「お金は大事だよ~」って、CMではないですが、逆に支援する側もボランティアでは続かず、運営するお金をどう捻出するか、助成金や行政の支援、企業の協賛があれば、一番いいのでしょうね。
しくみを作って行かなければと思っています
誰か、いい案があったら教えてください

船戸クリニック主催のぽん(がん)サロンの進行役をお引き受けしてもうすぐ1年。→ 過去の記事はここをクリック!
23日のぽんサロンには院長先生も参加され、先生を前にして、みんなで先生のほめ合いっこ
みんな先生が大好きで、よくある医者と患者の関係ではなく、対等な関係、ゆるがない信頼関係がそこにあります。先生はいつも患者さんと同じ目線、もちろんご自身もがん経験者ではあるけれど
そしてサロンに初めて参加された方が、「主治医の一言で、とても落ち込んだことがある」と言われました。
そこで思いました。船戸先生みたいな先生が増えればいいけど、まだまだそんな先生は現実には少ないのでは?
医学生の医療面接実習の模擬患者になったのも、医師を育てる小さなボランティアだからです。模擬患者として、フィードバックをする時には自分が患者になった時に診て欲しい医師になって欲しいという希望を持っています。
しかし、医師が育つのを待っていては時間がかかります
ならば、どうすればいいか?
患者さんを、ご家族を、育てればいい
育てるなんておこがましいけど、患者さんや家族が賢く医師とつき合っていく方法。
患者サロンは、そこを一緒に考えるそんな場でもあるんだ

今日は長々と、ありがとうございます

あなたのクリックで、ランキングアップ! → にほんブログ村 ベンチャーブログ 女性起業家へにほんブログ村 健康ブログ 健康カウンセリングへ

スポンサーサイト

【2011/02/26 23:43】 | がんサポート・ターミナルケア・在宅医療
トラックバック(0) |

(^O^)v
のり
tomoさんの熱い思い、すごく伝わりました
確かに、小さな力では時間がかかるかも知れません。でも、小さな滴は大きな波紋になりますよ

医師、患者はもちろんだけど、それを取り巻く全ての人の意識が変われば、政治も社会も動く

みんな、tomoさんの周りにいるよ~

ありがとう!!
のりさんへ
のりさんの言葉、勇気出ましたv-22
最近、看護師さんの協力者が増えてきています。
続けて行こうと思いますよv-411




コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
(^O^)v
tomoさんの熱い思い、すごく伝わりました
確かに、小さな力では時間がかかるかも知れません。でも、小さな滴は大きな波紋になりますよ

医師、患者はもちろんだけど、それを取り巻く全ての人の意識が変われば、政治も社会も動く

みんな、tomoさんの周りにいるよ~
2011/02/27(Sun) 09:05 | URL  | のり #-[ 編集]
ありがとう!!
のりさんの言葉、勇気出ましたv-22
最近、看護師さんの協力者が増えてきています。
続けて行こうと思いますよv-411


2011/02/27(Sun) 19:33 | URL  | のりさんへ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。