保健師の私の、起業からはじまった路(未知)、足跡。 あなたに寄り添うことに覚悟を持って。
こんにちは。杜椛です

今日は今年初の、こころとからだが喜ぶランチ会でした。
主催者ではありますが、あるがままの私でいられる場所です。
今日はいっぱい泣きました。ただただ、一緒に泣きました。
そして最後は、勇気をもらいました

今日参加して下さった看護師さんが、神様のカルテの中の一話を紹介してくれました。
がんの患者さんが最期に主治医に残した手紙・・・「病いの人にとって、もっともつらいことは、孤独であることです。先生はその孤独を私から取り除いてくれました」

がんの治療が進歩して、ようやく心のケアが置き去りにされてきたこと、家族のケアがもっと必要であることが言われ始めました。
がん患者さんやご家族が話をちょっと聴いてほしい時、ちょっと支えて欲しい時にいつでも立ち寄れる場所を早く作りたいです

あなたのクリックで、ランキングアップ! → にほんブログ村 ベンチャーブログ 女性起業家へにほんブログ村 健康ブログ 健康カウンセリングへ

スポンサーサイト

【2011/01/07 21:56】 | がんサポート・ターミナルケア・在宅医療
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック