保健師の私の、起業からはじまった路(未知)、足跡。 あなたに寄り添うことに覚悟を持って。
おはようございます。永井杜椛です

今日は、こころとからだが喜ぶランチ会
合言葉は、第一金曜日はランチに行こう!
どんな新しい出会いがあるか、楽しみです

以下、MSN産経ニュースにて。
国立がん研究センターが7月に開設した「がん相談対話外来」にセカンドオピニオンを求めてきた利用者の8割が、「主治医の説明に納得できない」との理由で受診したことが分かった。
同外来は、医師だけでなく看護師、必要なら専門相談員や精神科医も立ち会って患者や家族と対話し、疑問や悩みの解決を図るのが特徴。
8月2~13日の相談64件を分析した結果、主治医の診断や治療方針に問題はないが、患者が説明に納得していないケースが83%に上った。次いで主治医が適切な治療法を提示していない(8%)、適切な診断ができていない(5%)など。

現在、試行事業として実施している、ICサポーターの派遣も、ここをフォローしたいと思っています。
患者さんやご家族が主治医に遠慮せず、納得できるまで話を聞き、自分の治療を自分で選んで決めることができるように寄り添い、サポートします 詳細はこちら!→ 健康支援ディアス

あなたのクリックで、ランキングアップ! → にほんブログ村 ベンチャーブログ 女性起業家へにほんブログ村 健康ブログ 健康カウンセリングへ

スポンサーサイト

【2010/11/05 08:28】 | がんサポート・ターミナルケア・在宅医療
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック