保健師の私の、起業からはじまった路(未知)、足跡。 あなたに寄り添うことに覚悟を持って。
こんにちは。杜椛です 

逸見晴恵さんが61歳で他界されました
ご主人のがん告白と看取り、その後のご自身の子宮がん治療、さらに血液細胞のがんの一種である骨髄異形成症候群を患い、入院されていたようです。知らなかったです。
「がん」に向き合い、「がん」と共に生きたような半生・・・。

そのニュースを聞いて、なんとなく億劫になっていて、そのうちまとめて人間ドックで検査すればいいかと思っていた子宮がん検診の予約の電話をしました。

しかし、以前に受けたことのあるクリニックでは、岐阜市の子宮がん検診の実施期間(市が費用を半分助成してくれる)が10月31日までで、予約がすでにいっぱいのため受付を締め切りましたと言われてしまいました
「無料クーポンをお持ちですか?」とも聞かれ、生年月日から「対象ではないですね」と言われたので、知らないことが多いなあと思いながら、岐阜市に問い合わせたら、20歳から40歳で5歳ごとの節目の生年月日で無料クーポンを発送していると言われました。
なーんだ。40歳以上は無料にはならないのね
行動が遅い私が悪いのですが、やはり自費で受けるしかなさそうです・・・。

さて、私が属しているNPO法人がんサポートセンターでは、岐阜県の助成をもらい、検診受診率アップのための啓蒙活動をしています
がん検診って、自分には関係ないとか、結果が怖いとか、なんとなく躊躇しませんか?
けれど、実際には検診で早めに見つかれば救えるいのちもいっぱいあるんですね・・・。
私の女医であった友人は、乳がんで40歳の若さで、幼いお子さんを残し亡くなりました。
子育てに忙しく、検診に行く暇のない若い女性への呼びかけもすごく必要だと思っています。
もし岐阜市近郊の方で、これからがん検診を受けようかな・・・と思っているあなた、ぜひ連絡下さい。NPOで、検診体験談のニュースペーパーを作ります。そのインタビューにご協力いただきたいのです。

今後も活動への応援よろしくお願いします

あなたのクリックで、ランキングアップ! → にほんブログ村 ベンチャーブログ 女性起業家へにほんブログ村 健康ブログ 健康カウンセリングへ
スポンサーサイト

【2010/10/26 09:41】 | がんサポート・ターミナルケア・在宅医療
トラックバック(0) |

無料クーポン!
まぁさん
今年は来ましたよ!
大学病院で乳がんも子宮がんもするので、
実費で払いました。
子宮がん検診は6年くらい行ってなくて、
2年前の入院の時に行ったら、ちゃんと一年に
一回来るようにと言われて、2回は続いてます。
結構、予約して行くのは億劫になってしまいますよね!
でも、行きましょうね!

行かなくちゃ!!
まあさんへ
まあさん、早速のコメントをありがとう!
みんなで声かけ合って、行けると良いですねv-22

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
無料クーポン!
今年は来ましたよ!
大学病院で乳がんも子宮がんもするので、
実費で払いました。
子宮がん検診は6年くらい行ってなくて、
2年前の入院の時に行ったら、ちゃんと一年に
一回来るようにと言われて、2回は続いてます。
結構、予約して行くのは億劫になってしまいますよね!
でも、行きましょうね!
2010/10/26(Tue) 10:41 | URL  | まぁさん #-[ 編集]
行かなくちゃ!!
まあさん、早速のコメントをありがとう!
みんなで声かけ合って、行けると良いですねv-22
2010/10/26(Tue) 12:00 | URL  | まあさんへ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック