保健師の私の、起業からはじまった路(未知)、足跡。 あなたに寄り添うことに覚悟を持って。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おはようございます。杜椛です
最近、熱帯夜続きだからなのか、そろそろそういう年なのか、早朝に目が覚めてしまい、家族はまだ夢の中なので、朝からゆっくりブログを更新しています

一人暮らしのがん患者さんが、最期まで自宅で過ごし、自宅で亡くなる。
いつかそれが当たり前に選択肢としてある、そんな時代が来るかもしれません。
あなたが医療者なら、なおのこと、「それは無理でしょ?」と思いませんか?
私も最近まで、そう思っていました

在宅ホスピス協会という会があるのを、去年のリレーフォーライフ in 岐阜に東京から参加してくれたトロップス代表で友人の賢見さんが教えてくれました。「来年は岐阜で全国大会があるから、また来るよ」と。

その時は、「そうなんだ~」と思ってました。そして今は、この大会のボランティアスタッフです
昨日も、打ち合わせ会があり参加しました。
岐阜県内の緩和ケアチームの医療者、在宅医、訪門看護ステーション・・・多くのすごい先生・看護師さんたちがスタッフとして関わり、全国から参加される大会参加のみなさまを歓迎すべく、準備しています。

今回の大会テーマは、大会委員長である小笠原内科の院長先生曰く、「独居の患者さんの在宅での看取り」です。
病院の方が家族も本人も安心していられるのかもしれないし、家で療養したいけど、無理だとあきらめているだけかもしれない・・・。
まだまだ新しい世界であり、医療者でさえ、在宅への看取りには躊躇するし、無理だと思う人の方が多いのが事実です。
昨日の打ち合わせ会でも、大病院の偉いドクターが小笠原先生に在宅での問題点を含めた質問をされました。小笠原先生は熱く語った後、「コーヒーを飲んだことがない人はその美味しさを知らないから飲まない。でも一度飲んで美味しさを知ったら飲み始めるかもしれない」「患者さんのためでもあり、医療費の削減にもなる」と言われました。病院と在宅の医療は大きく違い、私も含めてその違いを知らない人が多い・・・。そして、遺族としては家族の負担を真っ先に考えてしまうけど、家族の負担どころか、一人暮らしの患者さんを看取ると言うのだからびっくりで、小笠原先生にはそれを支援する覚悟があるのを感じました
小笠原先生と知り合って数年になりますが、はじめはあやしい先生・・・という印象で、最近は周りのスタッフの方を含めて、すごい先生だと思います
後は、住んでる地域でそういう在宅医がいない場合もある・・・最期まで自宅にこだわった父だったら、きっと在宅での看取り希望したと思う・・・。

賛否両論ありますが、こんな方法もあるよと提示ができて、患者・家族が選べるならば、自分の人生に最期まで責任を持って最後の幕を自分で閉じることができる気がします

新しい出会いと勉強の日々に感謝です
今日も長々と読んでいただき、ありがとうございます

あなたのクリックで、ランキングアップ! → にほんブログ村 ベンチャーブログ 女性起業家へにほんブログ村 健康ブログ 健康カウンセリングへ

スポンサーサイト

【2010/07/25 07:09】 | がんサポート・ターミナルケア・在宅医療
トラックバック(0) |

エアコン無しでは生きていけません!
まぁさん
在宅で最後までですか~!
私は家にはこだわりがないから、
駄目とわかったら、さっさとホスピスにお引っ越しー
と思っていますv-355
柳田さんのお話しとか聞きたーいと思ったら、
10月9日、10日は旅行の予定が入っている。
残念、また、ブログで様子、教えてくださいねv-290

ホント、とけますね~!!
まぁさんへ
まあさんはホスピスなんですねv-290

死について、いつか誰にでも平等に訪れるけど、タブーとされたり、恐ろしくて不吉な話題とされがちです。

そして死と向き合う時、今を生きることがよりクローズアップされます。

まあさんの充実した毎日をブログで拝見し、生きるってすばらしいって、素直に思いますv-398

これからもよろしくですv-343



コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
エアコン無しでは生きていけません!
在宅で最後までですか~!
私は家にはこだわりがないから、
駄目とわかったら、さっさとホスピスにお引っ越しー
と思っていますv-355
柳田さんのお話しとか聞きたーいと思ったら、
10月9日、10日は旅行の予定が入っている。
残念、また、ブログで様子、教えてくださいねv-290
2010/07/25(Sun) 11:07 | URL  | まぁさん #-[ 編集]
ホント、とけますね~!!
まあさんはホスピスなんですねv-290

死について、いつか誰にでも平等に訪れるけど、タブーとされたり、恐ろしくて不吉な話題とされがちです。

そして死と向き合う時、今を生きることがよりクローズアップされます。

まあさんの充実した毎日をブログで拝見し、生きるってすばらしいって、素直に思いますv-398

これからもよろしくですv-343

2010/07/25(Sun) 11:50 | URL  | まぁさんへ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。