保健師の私の、起業からはじまった路(未知)、足跡。 あなたに寄り添うことに覚悟を持って。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日のブログの続き・・・

ドクターのちょっとした言葉が、患者さんの心を傷つけます。「言葉で治療する」の著者、鎌田實先生も言っています。
でも、そんなドクターばかりではないということ。

他界した両親の主治医は、いつも私たちに寄り添ってくれました。
私は医療者の端くれ。でも助かる見込みがないことを知り、代替治療を調べまくりました。怪しいのも、高いのも、いろいろありました。そして友人の紹介からフラフラの父を、ワラをもすがる思いで気功治療へ連れて行っていました。外出届を出す時、始めのうちは行き先をかくしていました。
そしてある日、主治医の先生が回診に来て、父のお腹に手を当て、「ぼくにもそんな力があったらな」と言いました。
その一言で私は救われました

さて、最近ボランティアを始めた・・・と過去に書きました。
岐阜大学病院に月2~3回通い、医大生さんの医療面接実習での、模擬患者(SP)になることにしました。

きっかけは、ICサポーター養成講座に講師でお招きした踊る保健師 徳永さんから、岐阜大学医学部 医学教育開発研究センター(MEDC)の藤崎先生をご紹介いただき、初めは先生の授業を見学しました。

そこには、患者さんの想いに真摯に向き合う医者の卵さんたちと、シェアに愛があふれ、SPとして誇りを持っているボランティアのみなさまがいました。
そして、その場で適切な指導をされる先生方がいました。
とてもピュアで、緊張しながらも面接実習に一生懸命な医学生さん。(いづれはすばらしいドクターに育たれるのだろうけど、今は本当にかわいい
そして、何よりもSPのみなさまの人間性に感銘を受け、一緒に学びたいと思いました。

知らない世界でした。知らないだけでした
毎回、全国から見学者があります。

患者さんに寄り添えるドクターがどんどん育つということは、医療の質が変わり、いつか自分が患者になった時にも救われる
さらにその場にいるだけで、自分磨きができること、これってめちゃめちゃ得なボランティアです

あなたのクリックで、ランキングアップ! → にほんブログ村 ベンチャーブログ 女性起業家へにほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 岐阜情報へ


スポンサーサイト

【2010/01/20 08:36】 | スーパー保健師tomoの軌跡
トラックバック(0) |


おかぴ
こんにちはtomoさん、相変わらず精力的な活動に頭が下がります◎ 岐阜大のSPは有名ですね。一昨年前に岐阜大の記念シンポに参加しました。

また、藤崎先生はちょっと絡みがあります。面白い(可笑しい)先生ですよねー。



こんにちは!
おかぴさんへ
おかぴさん、ご無沙汰してます。
今年もよろしくお願いしますv-290

岐阜のSP、有名なんですね~。今日、明日と岐阜でシンポジウムやってます。

藤崎先生、ほんとにユニークな先生です。
大好きですv-398

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
こんにちはtomoさん、相変わらず精力的な活動に頭が下がります◎ 岐阜大のSPは有名ですね。一昨年前に岐阜大の記念シンポに参加しました。

また、藤崎先生はちょっと絡みがあります。面白い(可笑しい)先生ですよねー。

2010/01/23(Sat) 17:58 | URL  | おかぴ #LAlwZp22[ 編集]
こんにちは!
おかぴさん、ご無沙汰してます。
今年もよろしくお願いしますv-290

岐阜のSP、有名なんですね~。今日、明日と岐阜でシンポジウムやってます。

藤崎先生、ほんとにユニークな先生です。
大好きですv-398
2010/01/23(Sat) 21:28 | URL  | おかぴさんへ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。