保健師の私の、起業からはじまった路(未知)、足跡。 あなたに寄り添うことに覚悟を持って。
日曜日の午後から、ぎふホスピスケアをすすめる会主催の学習会に参加しました。

地域がん診療連携拠点病院の相談センターで活躍されている看護師さんや、岐阜初のホスピスで働く医療ソーシャルワーカーさんのお話などがあり、とても興味深い内容で勉強になりました。

受講者はご自身や家族ががんの体験をした一般の方も多く、熱心に質問をされたりしていました。

3人に1人ががんになって亡くなる時代、その支援をする団体を応援するのは自然の流れです。
医療従事者の1人として、がん患者の家族になった体験を通して、両方の立場から何かお役に立てないかなと考えました。まずは会への入会手続きをとろうと思います

スポンサーサイト

【2008/02/18 19:26】 | がんサポート・ターミナルケア・在宅医療
トラックバック(0) |

No title
ひらひら~
在宅・ホスピスなどいろんな選択肢が当たり前にあるといいですね。
患者さん側が普通に選べることって意外と医療ではタブーだったんですよね。。。
またいろいろ教えてくださいね!ブログでの報告楽しみにして見てますv-238

いろいろ教えてくださいね!
ひらひら~さんへ
殻を破って外に出てみたら、いろんな世界や常識があって、日々勉強ですe-78
知らずに損してることもきっといっぱいあって、知らないより知っていた方がいいだろうということで、どんどん世界を広げていこうと思います。今後もいろいろ教えてくださいねv-290


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
No title
在宅・ホスピスなどいろんな選択肢が当たり前にあるといいですね。
患者さん側が普通に選べることって意外と医療ではタブーだったんですよね。。。
またいろいろ教えてくださいね!ブログでの報告楽しみにして見てますv-238
2008/02/22(Fri) 21:04 | URL  | ひらひら~ #-[ 編集]
いろいろ教えてくださいね!
殻を破って外に出てみたら、いろんな世界や常識があって、日々勉強ですe-78
知らずに損してることもきっといっぱいあって、知らないより知っていた方がいいだろうということで、どんどん世界を広げていこうと思います。今後もいろいろ教えてくださいねv-290
2008/02/23(Sat) 16:56 | URL  | ひらひら~さんへ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック