保健師の私の、起業からはじまった路(未知)、足跡。 あなたに寄り添うことに覚悟を持って。
今日訪問した赤ちゃんのパパはカナダ人でした。
ママの里帰り出産のために、パパは長期休暇をとって来日していました。
私がママといろいろ話しながら赤ちゃんを裸にして計測した後、慣れた手つきでオムツをかえて、服を着せたのはパパでした。

赤ちゃんはもうすぐ2ヶ月。いよいよ3人でカナダに帰る日が近づいているとのこと。

ママが少し不安そうに言いました。「ついイライラして、育児の仕方やちょっとした意見の違いでパパとよくもめるんです。」
日本人のパパだったら・・・もちろん長期休暇もないし、夜は仕事で遅いし。
多くの日本人のパパは、赤ちゃんのお世話はママにお任せです。
だから、もめようがない。生まれたての赤ちゃんは何もできないから、たくさんの愛情をもらわないと大きくなれません。
そしてパパとママが自分のことであーでもないこーでもないって話している・・・。幸せなことですね
ママに笑顔が戻りました。
「そうですね。そんな風にいい方に考えてみます」と。

ジョン・レノンは息子が生まれた後、家にこもって育児に専念してしまった。
当時の日本のお父さんはオムツをかえたこともなかっただろうけど、最近のパパが子育てにどんどん参加していて、職場に子供の写真を飾ってるのはとっても素敵なことですね

あなたのクリックで、ランキングアップ! → にほんブログ村 ベンチャーブログ 女性起業家へにほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 岐阜情報へ


スポンサーサイト

【2009/12/11 19:47】 | 出産・子育て
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック