保健師の私の、起業からはじまった路(未知)、足跡。 あなたに寄り添うことに覚悟を持って。
私は日々、娘からたくさんの気づきをもらいます

今、娘の中学校では体育祭を控えてクラス対抗の大縄飛びなどの練習の真っ最中。先日、帰宅するなり興奮した様子で娘が
「お母さん、すごい子がいるんだよ!」と。
その子は初めて一緒のクラスになった学級委員の男の子。
誰もが主人公のクラス(→過去の関連記事はここをクリック!)で、手をけがしてしまい縄を回す役だった彼は、参加できなくなってしまった。そこで、クラスで良い記録を出すための作戦を練り、毎日飛べた回数の記録をとって自宅で得意のパソコンを使って記録をまとめたりと、みんなを応援し始めた。
大縄の練習、わざとふざけたり、まじめに頑張る子を茶化したりする年頃。
なかなかいい結果が出ません。そしてついに彼が切れた!一生懸命さゆえの、きつい言葉がけに自分が責められていると勘違いして傷つく子も・・・。彼の気持ちも空回り・・・。そうかと思えば、彼の代わりに縄を回す役を立候補する子も現れ・・・まるでドラマのような話。

娘は彼のまっすぐな気持ちと行動力に「心からすごい!」と感動し、素直に彼を認め、そして「自分には何ができるんだろう・・・」そう考えたようです。そして翌日、担任の先生も交えた班長会で、「彼は今、1人で孤独だ」という先生の話を聞き、「彼を支えよう!」と思ったそうです。

今流行りのゲームのようなバーチャルな世界ではない、傷ついたり傷つけられたりしながらの生の体験
子供たちは人との関係性の中で、大きな成長をしていきます
とても頼もしく、輝いてみえます

さて、話は変わりますが・・・今日、愛知県稲沢市で講師のお仕事をしてきました。 → スーパー保健師tomoの講演日記
その講座の企画担当者は前年まで学校の先生だったそう。学校の先生は担任を持ったなら1年間かけて、子供たちと素晴らしい関係性を築いていけます。私はたった数時間、参加される方とどれだけ心をオープンにし、関係性を築くことができるんだろうか・・・なんて。考えたりしました

長々と読んでくださって、本当にありがとう

ランキング参加中!ポチっとお願いします。→にほんブログ村 ベンチャーブログ 女性起業家へにほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 岐阜情報へ

スポンサーサイト

【2009/05/27 23:44】 | スーパー保健師tomoの軌跡
トラックバック(0) |

いのちの授業
さとう
先日、大分県で養護教諭をされていた山田泉さんの本を2冊、「いのちの授業をもう一度」と
「いのちの恩返し」を購入し3日間で読んでしまいました。
娘さんが感動されたように、泉さんが子供たちと関わり変化していく様子が
一杯、一杯書かれています。
養護教諭の先生に、学校の先生、子供たちに関わるたくさんの方々に読んで欲しいと思いました。

山ちゃんの好きな詩

生きているということは
誰かに借りを作ること
生きていくということは
その借りを返していくこと
誰かに借りたら  誰かに返そう
誰かにそうしてもらったように
誰かにそうしてあげよう
   (永六輔さんの詩だそうです)

会いたい人には 会っておこう。
行きたい所には 行っておこう。
明日死んでもいいように、  
今日を生きよう。

たくさんの種を蒔かれて逝った泉さん
たくさんの花が開くのが楽しみにですね。
私の課題、
どれだけの種を蒔くことができるか・・・
書かせていただきありがとうございます。


コメントありがとうございます!
さとうさんへ
さとうさん、私も泉さんの本、知っています。
私は養護教諭にあこがれた時期があります。資格も保健師をとるとついてくるんですよねv-22

今、子供達の中にいろんな社会問題の縮図を見て、悲しくなることがあります。

子供は両親や家族を選んで生れてくる・・・自分の魂の修行のためにv-354 そう思っていますが、やはり子供を守るのは大人の仕事。

子育ては自分育て。今、私のできる範囲でお役に立てるのは、「お母さん達への支援」だと思っていますv-290

今後も応援、よろしくお願いしますv-343


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
いのちの授業
先日、大分県で養護教諭をされていた山田泉さんの本を2冊、「いのちの授業をもう一度」と
「いのちの恩返し」を購入し3日間で読んでしまいました。
娘さんが感動されたように、泉さんが子供たちと関わり変化していく様子が
一杯、一杯書かれています。
養護教諭の先生に、学校の先生、子供たちに関わるたくさんの方々に読んで欲しいと思いました。

山ちゃんの好きな詩

生きているということは
誰かに借りを作ること
生きていくということは
その借りを返していくこと
誰かに借りたら  誰かに返そう
誰かにそうしてもらったように
誰かにそうしてあげよう
   (永六輔さんの詩だそうです)

会いたい人には 会っておこう。
行きたい所には 行っておこう。
明日死んでもいいように、  
今日を生きよう。

たくさんの種を蒔かれて逝った泉さん
たくさんの花が開くのが楽しみにですね。
私の課題、
どれだけの種を蒔くことができるか・・・
書かせていただきありがとうございます。
2009/05/28(Thu) 12:21 | URL  | さとう #-[ 編集]
コメントありがとうございます!
さとうさん、私も泉さんの本、知っています。
私は養護教諭にあこがれた時期があります。資格も保健師をとるとついてくるんですよねv-22

今、子供達の中にいろんな社会問題の縮図を見て、悲しくなることがあります。

子供は両親や家族を選んで生れてくる・・・自分の魂の修行のためにv-354 そう思っていますが、やはり子供を守るのは大人の仕事。

子育ては自分育て。今、私のできる範囲でお役に立てるのは、「お母さん達への支援」だと思っていますv-290

今後も応援、よろしくお願いしますv-343
2009/05/28(Thu) 18:28 | URL  | さとうさんへ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック