保健師の私の、起業からはじまった路(未知)、足跡。 あなたに寄り添うことに覚悟を持って。
今日も引き続き、がんの話題です ぜひ最後までお付き合いください

乳がんからの転移をカミングアウトして、今日「徹子の部屋」に出演された川村カオリさん。
目の下のクマが少し心配にはなりましたが、抗がん剤治療中ということで、体調も日々変わる中、活躍中の彼女は凛としてとても素敵でした

「徹子の部屋」から、川村カオリさんの言葉をご紹介します。

ガンと共存するのは非常に精神力が強くないと・・・すごくしんどかったりさみしかったり・・・私はどうにか家族やスタッフのサポートがあって自分の好きな仕事ができてバランスがとれているけど・・・辛い思いをする人が少なくなるといいと思う・・・川村さんはそんな思いもあって、ピンクリボン活動を積極的にしていたりします。

病気と共存するために、自分の生活スタイルに治療をオーダーメイドしないといけない。生活パターンが一人ひとり違うので、担当の先生と心ゆくまで話して、治療方法を決めていくことが大事。もう少し仕事をスムーズにしたいという思いから、抗がん剤投与の間隔を主治医と相談して決めた・・・と言われた川村さん、病気と向き合い、自分の人生を生きていると感じました。

ガンだからって同情されたくはない、元気な時はどんなことでもできる、弱気になる必要はない、自分の身体の声だけしっかり聞いて、元気のいい時には思いっきりやる、休む時には休む、そんなお手本になりたい・・・川村さんはキラキラ輝いていました。

戦ってるのは一人じゃない、同じような人がたくさんいるんだと自身のブログを通して知った川村さん、私の周りにもガンと共に生きている、川村さんに負けないくらいキラキラの人たちがいっぱいいることも、少しづつご紹介できたらと思います

10月10日~11日、岐阜大学グランドで、がん患者さんチャリティイベント リレーフォーライフ(RFL)中部が開催決定!→ 過去の記事も見て下さい!ここをクリック!!

ランキング参加中!ポチっとお願いします。→にほんブログ村 ベンチャーブログ 女性起業家へにほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 岐阜情報へ

スポンサーサイト

【2009/03/18 19:44】 | がんサポート・ターミナルケア・在宅医療
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック