保健師の私の、起業からはじまった路(未知)、足跡。 あなたに寄り添うことに覚悟を持って。
インフルエンザが流行っています。予防の基本は、「手洗い、うがい、予防のマスク、人混みをさける」 できることをやっていきましょうね

土曜日、がん患者サロン「つむぎの路★ぎふ」に参加しました。
多治見と各務原から初参加の女性と席が近くなりお話をしました。
お二人とも年齢も違えばがんの部位も経過も違います。でも共通して、がんを手術した患者さんには見えず、元気で仕事をこなし、普通に生活している女性です。
各務原の女性には初対面ながら過去のご縁を感じました。
はるばる電車を乗り継いで参加された多治見の女性は、参加を申し込む前に、何を話せばいいのか・・・そんなことも思ったそうです。
何を話せばいいのか、ではなく、今、ここにいるお互いの存在を認め合う・・・そんな話ができてよかったです

来年度、2009年4月から、NPO法人がんサポートセンターの事業の一部を健康支援ディアスが担当します。詳細はまだお知らせできませんが、基本は、がんになっても、安心して自分らしく生活できることをサポートします

「がん=死」ではありません。がんと向き合いながら生活し、仕事をし、飲みにも行くし、家族で旅行にも行く 誰もが、どんな形であれ、死ぬまで自分らしく生きるためにこの世に生れてきました
今日も読んでいただいてありがとうございます

さて、患者サロンの次回の予定は・・・
日時:  2009年 2月22日 (日) 14:00~15:30
場所:  岐阜大学医学部附属病院 2階 「レストラン ファイン」
参加費: 500円(ドリンク代込み)
対象:  患者本人、ご家族、ご遺族、医療関係者、
     その他、「がん」に関係のある方 
定員人数:  15名  
主催:  NPO法人 がんサポートセンター

お申し込みは →  メール : cancersup-inf@yahoo.co.jp
             電話 : 080-1554-3123

このブログの左、メールフォームからでもお申し込みできます
お申し込み、お待ちしてます

ランキング参加中!→にほんブログ村 ベンチャーブログ 女性起業家へにほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 岐阜情報へ

スポンサーサイト

【2009/01/26 00:04】 | がんサポート・ターミナルケア・在宅医療
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック