保健師の私の、起業からはじまった路(未知)、足跡。 あなたに寄り添うことに覚悟を持って。
いつも読んでいただいてありがとうございます
ポチッとひと押し、応援よろしくお願いします!→にほんブログ村 ベンチャーブログ 女性起業家へ

先週の土曜日は、小笠原内科の小笠原先生からご連絡いただき、岐阜グランドホテルで開催された第3回岐阜在宅ホスピス研究会に行ってきました。
基調講演のナカノ在宅医療クリニック院長の中野一司先生の講演はとても興味深い内容でした。いろんな可能性と新しい考え方を学びました。
超高齢社会を迎え、病気(=治る)は減っているけれど、障害(=治らない)が増えている。
病院での医療(=治療)は生活の場(=介護)にシフトし、在宅でより良く生きることを医療的に支援した結果、在宅での看取りが増える。
在宅医療は予防医学である。在宅医療は、自宅でいかに日々のコントロールをしっかりできるかにかかっており、悪くならないように予防をすることが大事である。予防とは全く逆のものだと思っていた私は目から鱗でした

参加者には、リレーフォーライフ ジャパン2008の参加準備でお忙しい、NPO法人がんサポートセンターの副理事長の横山さん、(→過去記事はここをクリック)、ぎふホスピスケアをすすめる会の事務局の方もいて、ホスピス学習会のチラシを配ったりされてました。興味のある方は、ぜひ!!2009-09-02 19;54;26

意欲的な人をみると、刺激を受けます。
私も誰かの刺激になってるといいなあ

スポンサーサイト

【2008/09/02 20:50】 | がんサポート・ターミナルケア・在宅医療
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック