保健師の私の、起業からはじまった路(未知)、足跡。 あなたに寄り添うことに覚悟を持って。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんにちは。キャンナス岐阜・代表の杜椛(とも)です。
熊本大地震から1週間。
多くの悲しみや不安が続いていて、誰もが影響を受けています。
たくさんの人が支援に動き、動けない人もできる範囲で何かをしたいと思っている。
今朝のワイドショーでは、東京にある熊本のアンテナショップでたくさんの人が熊本の商品を買い義援金を置いていく。
買って熊本を支援!これもアリです。
私は、東日本大震災の後、復興途中の被災地に夏休みの家族旅行で行きました。
現地で頑張っている保健師仲間にも会いたかったし、時間が経っても消えない傷跡を子どもたちに見せておきたかったから。
あとは、観光をして被災地でお金を使うことが目的でした。
今も、東北名産品を買ったりしています。
それぐらいしかできないけど、できることをやろうと思っています。
そして今まさに、長引く避難所生活で大変な思いをしている熊本の人のことを思うと気持ちは沈みますが、日本全体が自粛モードになってはいけないし、経済を止めちゃいけない。そう言われていますね。

前置きが長くなりましたが、東日本大震災の時にいち早く動いたキャンナス代表の菅原由美さんと全国のその仲間たち。
キャンナスのロゴ入りのピンクのTシャツが有名になりました。
そして、今回もキャンナスは動いています。
刻々と変化する被災地の情報収集結果がきっとどこよりも早くMLに入ってきます。

以下は昨日の由美代表のメッセージ。
ボランティアの鉄則は地域の方々(行政を含む)にご迷惑をかけないことです。
救援物資同様、必要な時に必要なだけのお手伝いをすることだと思っています。
地域の方々にバトンタッチし撤退する事も大事なことだと思っています。
今回、キャンナスの活動は、九州のナースを中心に行います。
地域で支え合うことが重要だと思っていますから。
地域包括ケアです*\(^o^)/*

それから一晩が明け、すでにもうキャンナスの支援体制の変更がMLに流れました。
医療スタッフとして、感染症の蔓延防止の対応などを早急にやらなければならないようです。

キャンナス岐阜では、キャンナス活動支援金を集めて本部に送りました。
さらに今日から29日まで、車中泊の方々のエコノミー症候群防止対策の弾性ストッキングが足りないとのことなので、寄付を集めて本部に送りたいと思います。一足からでも、ご協力頂ける方を募集します(^^)

【弾性ストッキングの郵送先】
〒500-8267
岐阜市茜部寺屋敷3-251-1
058-214-6592
くらしケア キャンナス岐阜事務局

誰かが生きたくても生きられなかったいのちを私たちは生きているから。
今日もこの一瞬を笑顔で! 
スポンサーサイト

【2016/04/22 18:43】 | スーパー保健師tomoの軌跡
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。