保健師の私の、起業からはじまった路(未知)、足跡。 あなたに寄り添うことに覚悟を持って。
こんにちは。スーパー保健師tomoです!
10月1日、健康支援ディアス は、第6期を迎えました。
フリーになって、2007年11月29日から書き始めたこのブログ。
最近はfacebookに頼ることが多くなっていますが、懐かしく読み返していました。
あの頃と変わってない自分と、成長できてる自分、そして一番変わったのは環境。

昨日は、感動カフェ・ディアスに、樋野興夫先生をお招きすることができました。
岐阜の小さなカフェに、樋野先生が来て下さるなんてありえないことです。
がん支援から始まった私の起業は、今はがんに限らず、障害児者支援へと広がり、それでも、「あり方」や「生き方」に迷ったり疲れた時に戻る場所は、がん哲の考え方。そして、がん哲の仲間に癒されます。

話は戻って、第6期はどうするか?
毎朝届くメルマガ、「成長のヒント」には、まさにこれからのヒントが書かれていたので、5年後、またこのブログを読み返した時に、今の悩みが懐かしく思えるといいなと思いながら、貴方にもシェアします。

 「これから何が当たるか?」を予想して先手を打つことも大事。
 でもそれ以上に重要なことは
 どんな時代になっても  どんなブームが来ても
 しっかり対応できる自分に成長すること。
 どんな時代・状況になっても対応できる人とは…
 1.人の気持ちを察し、信頼を積み重ねて深い関係を築く
 2.わずかな違和感を見逃さず、本音と本心に正直に動く
 3.微細な変化から本質をつかみ、大局観で全体をみる
 4.「自分が役に立てることは何か」を問いかけ続ける
 5.ふんばる根性、ふんぎる度胸、ふみこむ勇気がある
 6.みんなから快く応援してもらい、感謝の念は忘れない
 7.パッと行動が早く、徹底してやるが、撤退するときは早く潔い

今期は今までの集大成のための第一歩を踏み出します。
どんなカタチでも、私はわたし。
がん哲の樋野先生は言います。「どんな人にも生きている限り、役割がある」
目の前の必要としてくれている人に対し、自分の役割を見出しています。
貴方の役割は、tomoを応援すること!
今後も変わらぬ応援を期待しています(笑)

スポンサーサイト

【2015/10/09 09:07】 | スーパー保健師tomoの軌跡
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック