保健師の私の、起業からはじまった路(未知)、足跡。 あなたに寄り添うことに覚悟を持って。
こんにちは。杜椛(とも)です☆

7月5日に金沢で開催された、がん哲学外来市民学会 の「各地からの報告」で、発表してきました。

11701032_894599293994483_4355370611254941142_n_convert_20150720074604.jpg

写真は、左から飛騨千光寺住職でスピリチュアルケアワーカーの第一人者である大下大圓先生、中央左が樋野興夫先生、中央右がマギーズジャパンの今後が楽しみなサバイバーで栃木県立がんセンターナースの高田芳枝さん。

がん哲学外来、メディカルカフェなどの名称で、全国で80ヶ所以上開催されている取り組みの1つとして、昨年5月に樋野先生を講師に迎え「がんサポートデイ~織田信長記念がん哲学外来~人生いばらの道、されど宴会」を開催してから、仲間とがん哲学外来コーディネーター養成講座を受講し、感動カフェ・ディアス でも、毎月第2土曜日に「がん哲学外来@カフェディアス」を開催しています。

両親をがんで亡くしてちょうど10年の今年。
がん支援は私の中ではボランタリーな人生の使命としての活動。
もちろん、それはずっと変わらないままだけど、樋野先生の考え方を知り、がん支援の視点を変えることができました。

がんは、がんになった本人も家族にも、大きな試練を与えます。
しかし、視点を変えれば決してマイナスの要素ばかりではない。
がんになっても豊かな人生のために、今元気な人が、元気でない人をそっと支える。当事者同士でわかちあい、寄り添い、がんと共に歩む。
そのための場を創り、提供してきました。
そして、さらに今後は仕掛けていこうと思っています☆
樋野先生が言われる「がんについて思い悩む時間を少しでも減らす=がんを忘れていられる時間を増やす」ための、サービスを行っていきます。
興味のある方、お気軽にお問い合わせください。

そして、今後の予告!!なんと、樋野先生が来岐!
10月8日(木)19時頃から、「第2回 織田信長記念がん哲学外来」を開催します。
場所は、感動カフェ・ディアス
ご存知の通り、18名くらいしか入れません。まだ正式発表前ですので、お申し込みは、私への直メッセージで☆

スポンサーサイト

【2015/07/20 08:25】 | がんサポート・ターミナルケア・在宅医療
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック