保健師の私の、起業からはじまった路(未知)、足跡。 あなたに寄り添うことに覚悟を持って。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんにちは。杜椛(とも)です
神戸まで、日帰りで視察訪問に行ってきました。
訪問したのは、神戸にある、ホームホスピス かあさんの家グループの「なごみの家」さん。代表で看護師の松本さんに、開業秘話、運営における様々なことをご指導頂きました。
全国に広がり始めた、かあさんの家。岐阜にはもちろんありません。
岐阜初の開設目指して、動き出します

多死社会、閉鎖的な病院での死から、自然な暮らしの中での死。
死をタブー、忌み嫌うもの、敗北としない場所。生きてきた延長の尊い死。
亡き父母は、家に帰りたいと言って病院で亡くなりました。
父は、目を開けたまま、呼吸が止まりました。
母の死は、暗い真夜中の病室のモニターで確認しました。
穏やかな自然な死に場所を創りたいです。
松本さんからは、地域の方にオープンにし、コミュニケーションをとる大切さもご助言頂きました。思いがあればこそ、カタチにできる!できない理由を考えている暇があったら、行動です!
事業を成功させるための3つの要素、「ヒト・カネ・モノ」
一番大切な、「人」がディアスにはある!

昨日はもう1件、福祉の先駆的取り組みをしている施設にも訪問しました。
とても素敵な社長さんから、「とにかく共鳴してくれる人を集めてください。お金ってあとからついてきますやん。信じて、求めらるものを創って下さい。若いんだから、がんばって!」というアドバイスを頂き、勇気が出てきました。

今日は久々に熱く語ってしまいました。
主体的に関わってくれる仲間、大募集中です

スポンサーサイト

【2014/08/09 08:33】 | がんサポート・ターミナルケア・在宅医療
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。