保健師の私の、起業からはじまった路(未知)、足跡。 あなたに寄り添うことに覚悟を持って。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんにちは。杜椛(とも)です。
昨日は、がんサポートデイ  「織田信長記念 がん哲学外来講演会&がん哲学カフェ体験」でした。
織田信長記念というのは、樋野先生が岐阜初の開催で、岐阜と言えば織田信長だと言って、名付けてくれました。
昨日は、東京、大阪、長野・・・遠方からもたくさんの方がご参加下さいました。

両親ががんで他界してから、がんに関わるすべての人が集う交流会や、個別相談などをしてきました。
そして、そのご縁で知り合った人たちも参加してくれて、「ともさんに会いに来た!」と言ってくれたりして、ほんとにうれしかったです。

樋野先生の講演の中で、大きなぞうさんの横にちょこんと座っている少女の写真が紹介されました。
その意味は、「支える」ことはできないけど、「寄り添う」ことはできる。
「会話」でなく「対話」の意味。
「暇気な風貌」の自分のイメージ。
最近の私のテーマである「おせっかいおばさんになる!」というのを、先生は「偉大なるおせっかい」と表現されてました。

この講演を企画して、一緒に取り組んでくれた仲間の存在も大きいです。

変換 ~ 樋野先生と。

全国で開催されているがん哲学カフェ。
樋野先生からも、「織田信長記念 がん哲学カフェ」はぜひ継続してくださいとメッセージを頂き、感動カフェ・ディアス で、第2土曜日に「織田信長記念 がん哲学カフェ@ディアス」を定期開催すべく、動いています。
まずは仲間のまるちゃんと共に、7月にがん哲学カフェコーディネーター養成講座を受講してきます。
開催予定は、ホームページなどでアップしていくので、ぜひご参加ください!

スポンサーサイト

【2014/06/01 09:02】 | がんサポート・ターミナルケア・在宅医療
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。