保健師の私の、起業からはじまった路(未知)、足跡。 あなたに寄り添うことに覚悟を持って。
こんにちは。杜椛(とも)です

今日の新聞に、「鮎つり解禁情報」が載りました。
岐阜県には海がないかわりに山と清流がたくさんあります。
私の育った町にも、木曽川の源流にあたる付知川が流れ、夏には鮎の友釣りを楽しむ人でにぎわいます。

父は、自他共に認める「鮎かけ名人」でした。
鮎の友釣りは、鮎の習性を利用して、おとり鮎を放し縄張りを守ろうとする鮎とケンカをさせてひっかけてくるという、ゲームのような釣り。
父はたくさん釣った鮎をおとり鮎として売って、お小遣いを稼いていました

解禁間近になるとソワソワする父、夏の休みの日はほとんど川に行っていませんでした。
私は小学生の夏休み、お弁当を届けに川へ行き、お昼から父の姿が見えるあたりで泳ぐのが楽しみでした。

がんの再発で川に行けなくなるまで、父は川に通い続けました。
生きていれば71歳。まだ川に行っていたんだろうなと思います。

がん患者の家族、遺族として、少しお話しをさせて頂く機会を頂きました

6月26日(火)11時から、松波総合病院 のがん患者の会「絆の会」にて、「患者家族の思い」をお話しします。
「絆の会」の発足からお手伝いをしてきて、あらためて前でお話しするのはちょっとテレますが、松波病院の患者さんだけでなく、どなたでも、がんに関わるすべての人にご参加頂ける会です。
私の話の後は、患者サロンがあります。
会場は本院3階講堂です。ぜひご参加下さい

スポンサーサイト

【2012/05/25 08:21】 | がんサポート・ターミナルケア・在宅医療
トラックバック(0) |
こんにちは。保健師の杜椛(とも)です
季節の変わり目、今日は昨日の肌寒さはどこへ、どんどん気温が上がりそうですね

感動カフェ・ディアスでは、暑い日にはアイスコーヒー、飛騨のりんごジュースと桃ジュースがおすすめです。
とっても美味しいですよ

感動カフェ・ディアスは、先日岐阜新聞に取り上げて頂きました。→ 新聞記事

「がんの人しか行っちゃダメなんだよね?」と、よく聞かれますが、どなたでも、普通の喫茶店としてご利用頂いています。

2人に1人ががんになる時代です。
がんに関係のない人なんていない世の中です。
ほとんどの人は、がんになるまで、「自分はがんになるわけがない」と思っています。
がんに限らず、私たちはいつ、どんな形で病気になったり障がい者になったりするかもわかりません。
思い通りに、計画通りにいかないけど、それが計画された人生。
「がんは涙と一緒」
手術などの医療でぬぐってもぬぐっても、あふれてくる。
涙があふれる原因が何かを感じてみよう。
がん細胞は、自分の細胞の一部。悪いもの、憎いもの、ではない。
がんを経験された在宅医療に力を入れているドクターが言われました。

カフェはいろんな人の交流の場です。
誰一人、必要じゃないいのちはありません。
自分自身を大切に、大切な人を大切にできる人たちが、カフェで増殖していくといいなあと思います。

ドリンクには、酵素玄米ご飯のモーニングセットもつきます。
そうそう、25日(金)は19時から、夕暮れカフェが開催されます。
アコースティックギターなどの生演奏と、夕暮れカフェ特別メニューで夜のカフェをお楽しみ頂けます。
ぜひぜひ、お誘い合わせの上、お気軽にご来店下さいね

【2012/05/16 08:53】 | 感動カフェ・ディアス
トラックバック(0) |
こんにちは。杜椛(とも)です

今日は、感動カフェ・ディアスで、こころとからだが喜ぶランチ会があります。
美味しいご飯を食べながら、がん患者さんやご家族同士で話しをします。

カフェでは、毎月第2、第4水曜日にラフターヨガの会を開催しています。
ラフターヨガ ティーチャーのラムラムさんは乳がん経験者です。
先日は、県内のがん拠点病院でがん患者さんの相談に対応している専門看護師さんが、わざわざ休みをとって参加されました。
カフェでは、病院や施設にいたらなかなか出会うことのない世界を日々、患者さんたちが教えてくれます。

がん拠点病院の専門看護師さんから、病院と私たち民間の支援の場がもっと繋がることが、患者さんやご家族のためになると言って下さいました。
医療専門職と患者さん・ご家族が、垣根を超えて交流できる場所であるカフェ。
少しづつ、私たちの活動が理解され、広がるといいなあと思います


【2012/05/11 07:46】 | 感動カフェ・ディアス
トラックバック(0) |
こんにちは。岐阜県初の開業保健師の杜椛(とも)です

数年後、「あの時、二人で夜遅くまでカフェでがんばったよね!」
そう言っている景色が見えます。

この3日間、カフェ閉店後は市の助成金申請のための資料を書いていました。
何度も書き直し、本日、締切ギリギリに提出。
ダメだしにも引き下がらない相棒、りえさんがいなかったら、諦めていたかもしれません。
もちろん申請が通らないかもしれません。
けれど今は、「この経験をさせてくれてありがとう」という気持ちです。

今日は、感動カフェ・ディアスのマネジャーで、チャレンジャー保健師の、りえさんとの出逢いから今までをご紹介します

カフェの実行委員会を立ち上げたのが去年の11月。
彼女との出会いは、そのほんの数ヶ月前です。
しかも、カフェのマネジャーを任せるって決めた時、まだ数回しか会ったことがありませんでした。
そう言うと、だいたいみんな驚きます

看護師の経験を積んで、保健師になるために再度学生をしていた彼女から、去年の夏にメールがありました。
健康支援ディアスのホームページを見て、求人を出していたので連絡をしてきたようでした。
求人と言っても、ディアスの忙しい時にお手伝いをしてもらうパートナースタッフさんのつもりでした。

なので、りえさんはディアスの初めての正規雇用者です。
直感とタイミング・・・その時、あなたが目の前にいたから選んだのって、感じ
りえさんは私にはないものをいっぱい持っていて、話していておもしろいです。私も変わり者ですが、りえさんも相当変わり者。
だって、ディアスに就職したいって言ったんですからね~

りえさんには明日から、3日間の研修に行ってもらうので、彼女の留守中を守らなければ


【2012/05/11 00:05】 | スーパー保健師tomoの軌跡
トラックバック(0) |
こんにちは。杜椛(とも)です。
ブログの更新を少しご無沙汰していました。
あなたのGWはいかがでしたか?

私は久しぶりに家族と東京へ遊びに出かけました。
行き先はディズニー?と聞かれることが多いけど、小学校低学年で卒業してしまった私たちの旅の目的は少しマニアック
高校生の娘と中学生の息子と夫と私、それぞれ価値観が違うけど、みんなが満足する旅を企画するのは楽しいです

娘の希望で薄桜鬼のミュージカルに付き添い(なかなかの迫力でした)、その間に父と息子は秋葉原と中野ブロードウェイで買い物をし、夜は新大久保で韓国料理、コーヒープリンス2号店にも寄り、シメは池袋。
翌日はガンダムを見てダイバーシティ東京で買い物、一応フジテレビ社屋などにも寄って新東名で帰って来ました。

リフレッシュしながらも、ホテルではフェイスブックに答え、なんだかんだで仕事のことは頭から離れないけど、新しいモノ、世界を知ると仕事に必ずプラスになる自分がいるので連休明けの5月はがんばります

さて、ようやく今回のテーマについてですが・・・
感動カフェ・ディアスでは、毎月第4月曜日の10時半から、発達障害児のママのおしゃべり会を開催します。
お知り合いのママにもぜひご紹介下さい
発起人の野田さんは、発達障害児のママであり、アロマ&ハーブの先生でもあります。ブログはこちらです→楽ラクアロマ&ハーブ

【2012/05/06 16:46】 | 感動カフェ・ディアス
トラックバック(0) |