保健師の私の、起業からはじまった路(未知)、足跡。 あなたに寄り添うことに覚悟を持って。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前回の記事(→ここをクリック) に、保健師を目指している高校3年生のまみさんがコメントを寄せてくれました。とてもうれしかったです

以前に、大学生のすずさんからコメントいただき、保健師の就職について質問されたことがあります。まだブログをはじめて間もなくて、日本のどこかで私のブログを見てくれた保健師の卵の人が、わざわざ書き込みしてくれる喜びをかみしめたものです

今回はこれから大学受験のまみさん。この夏休みは大変でしょうけど、大学合格に向けてラストスパート、まずは保健師になる第一歩の夢をかなえて欲しいです
私はまみさんの書き込みの質問にうまく答えることができなかったので、このブログを見ている保健師さん、ぜひ、まみさんに夢のある応援アドバイスの書き込みをお願いします

まみさんがどこにお住まいかはわかりませんが、私の尊敬する保健師の村田陽子さんが仙台で格安のセミナーを開催します。(→村田陽子さんのセミナー) お近くにお住まいならぜひお勧めです。
私は10月に名古屋で開催されるメディカルヘルスコーチセミナー上級コースでスキルアップをねらいます

ポチッとひと押し、応援よろしくお願いします!→にほんブログ村 ベンチャーブログ 女性起業家へ

スポンサーサイト

【2008/07/29 20:01】 | 保健師ネットワーク
トラックバック(0) |

応援ありがとうございます!
まみ
何回もすみません。
前のコメントに返答した後この記事を読んだのですが、とても嬉しいです!
ここまで気を掛けて下さってありがとうございます。
勇気を出してコメントして本当に良かったです。

私は岩手県に住んでいます。
セミナーのお話、とても興味深いのですが、受験生ということもあり、時間の都合が合わないので残念です。紹介してくださってありがとうございました。

保健師にもスキルアップの機会はたくさんあるのですね。
私もtomoさんのように前向きで、自分の職業に誇りを持てるような保健師になりたいと思います。
そのためにもまずは受験勉強…頑張ります!

受験の息抜きにどうぞ。
まみさんへ
私が若くして子供を産んでいれば、まみさんくらいの子供がいてもおかしくないです。実は小学生の娘にも、看護大学受験を目指して欲しいなあとひそかに夢を抱いていますv-354

まみさん、これからも受験の息抜きに、ぜひブログに遊びに来てくださいv-290
岩手の夏も暑いことと思います。どうか体調には気をつけて、勉強がんばってくださいね。

今回のご縁に感謝しますv-352

コメントを閉じる▲
先週、各務原市のライフカレッジで、こころ元気研究所所長の鎌田さん(→過去の記事はここをクリック)が講演をされたので、人生の先輩方に混じって特別聴講生になってきました。
今回2回目となる鎌田さんのお話でしたが、飽きることなく2時間はあっという間に過ぎました。
鎌田さんの関西弁はそれだけで楽しくなってしまうノリの良さに、人柄がにじみ出た愛のあるお話。自分の子供よりも少し若い鎌田さんのお話を熱心に聞かれた受講生のみなさんと共に、私の心に残ったフレーズは、「ありがとうと言ってもらえる人になる」
誰かの役に立ってこそ、そこに充実感や生きがいを感じることができ、それが自分の元気の源となる・・・

実は今回の受講は、鎌田さんがライフカレッジの主催者の方に、私を講師としてご紹介してくださるという目的がありました。感謝感謝です

さすがこころ元気研究所所長のお話、こころには効果抜群、元気をチャージできました

ポチッとひと押し、応援よろしくお願いします!→にほんブログ村 ベンチャーブログ 女性起業家へ



【2008/07/28 22:01】 | こころとからだの健康管理
トラックバック(0) |

はじめまして
まみ
はじめまして。
私は将来保健師になるという夢を持っている高校三年生です。

大学入学のため、将来のため、地域の保健師活動について調べています。

そこで、tomoさんに聞きたいことがあります。

現代の高齢社会において、保健師が高齢者ケアに対して求められていること(対策や取り組み等)は何ですか?

あと、保健師にとって大切な心掛けは何ですか?

地域の特性やニーズにより様々だと思いますが、tomoさんの考えを是非聞きたいです。

もしよろしければ返答お願いします。

ありがとう
まみさんへ
まみさん、コメントありがとうございますv-290 真剣に考えて質問くださったこと、とてもうれしかったですv-353 でも、私の答えがご期待に沿えるものではないかもしれませんv-390

保健師が高齢者ケアに対して求められていること(対策や取り組み等)は?
→まみさんが知りたいのは、行政の取り組みでしょうか?私には勉強と経験不足で適切な答えが見つかりません。保健師だから気づいて実践できるであろう支援も行政の中では埋もれ、民間でやろうとすると採算がとれないような感じがします。うまく言えなくてごめんなさいv-393
4月から市の健康相談をしてわかったのは、健康相談に来所されるお年よりは元気だ!ということです。今後在宅医療制度改革が進み、実際に支援が必要な高齢者に対してのマンパワーが慢性的に不足している中で、保健師がそこで活躍するかというと、みんな逃げ腰のような気がします。誰かがやらなければならないけど、労働条件などが過酷で、熱意だけでは働けないという現実もあり難しいですv-292 ただし、現場から少し離れた所で、退院調整ナースやケアマネのような、幅広い知識と技術でコーディネートする役割を果たすのは、保健師の力量発揮分野だと思います。
さて、私達保健師のすばらしいところは、「健康な人と、健康についての話ができること」でもあります。高齢社会を支える、元気なお年寄りをたくさん作るために、30代・40代・50代の働き盛りの人たちに自分の将来について考えてもらう、そんな支援を充実させていく方法もあります。私は半年考えて、保健師で起業する時の対象は「働き盛りの人達」にしぼることにしましたv-354

保健師にとって大切な心掛けは?
→保健師は、赤ちゃんからそのお母さん、働くおじさん、お年寄りまで、元気な人も病気の人も、すべての人を対象とします。だからこそ、医学の知識以外に、たくさんのことに興味を持って、いくつになってもいろんなことに挑戦し、人として豊かに生きていけたらいいなと私は思います。普段心がけることといえば、自分1人でできることには限界があることを知った上で、1人でも多くの人が笑顔になってくれるお手伝いをすることだと思います。それが自分自身の保健師としてのやりがいや生きがいにつながっていきますv-344

まみさんはどうして保健師になりたいのですか?
私がまみさんに逆に質問ですv-290
まみさんがステキな保健師になられること、そのために大学に合格されることを心より応援します!



どうもありがとうございます
まみ
詳しく答えて下さりありがとうございます!!
とても参考になりました。

私が保健師になりたい理由は、
幼い頃に人を支えたり助ける職業に就きたいと思っていて、中学・高校で看護体験をして看護への考えを深めました。それらの経験を通して、患者のケアや治療に携わる職業もやりがいのある仕事ですが、もっと大切なのは健康の保持増進や病気にならない為の予防的活動なのではないか、と考えるようになったのがきっかけです。また、今年一人暮らしをしていた曾祖母が重度の低血糖で入院してしまいまして…このようなところからも地域の高齢者ケアの重要性を感じました。地域と密着して住民の健康向上に携わることが出来ることに魅力を感じています。そして、人々の健康や生活に携わるという形でたくさんの人の笑顔を見たいと思っています。

一番目の質問で、私が知りたいのは行政の取り組みではなく、保健師さん達が活動しているような、例えば高齢者向けの健康についての講演会や訪問看護についてです。説明不足ですみませんv-356

すみませんが、もう一つ聞きたいことがあります。
今後さらに重要性を増す保健師としての活動は何でしょうか?

応援までしてくださって、本当に嬉しいです。
お忙しい中、詳しく丁寧に教えてくださって本当にありがとうございます!
申し訳ありませんが、また返答お待ちしています。

これからもよろしく!
まみさんへ
まみさん、またまた刺激的なステキなコメントありがとうv-344 まみさんの質問への答え、少し時間を下さい。私なりに調べたり、じっくり考えてまたブログでお知らせしたいです。

保健師の卵さんが、こんなに一生懸命考えてくれていること、毎日の仕事に追われて日々に流されて少々お疲れぎみのまわりの仲間に知らせないといけませんねv-291

私のブログのリンクに㈱みなかさんのホームページがあります。ここをチェックしてみて下さい。㈱みなかの社長は、保健師の鈴木さんです。在宅看護については詳しいです。ぜひ、ホームページ経由でメールしてみて下さいv-290

前回も書きましたが、自分1人の力は微力です。だからこそ、支えてくれる仲間をたくさん作ることが大切。仲間は情報を流してくれたり、わからないことを教えてくれたり、自分の体や頭の一部になってくれます。訪問看護のことも、私には経験がなくて答えられなくても、私の信頼できる㈱みなかの社長さんを紹介できれば、それでいいと思っていますv-352


こんばんは
まみ
お忙しいのにすみませんv-356
凄く親切に答えて下さってとても嬉しいです。

また気になったことがあるのですが、
tomoさんはフリーの保健師をしていらっしゃるのですよね?
フリーの保健師と市町村などで働く保健師とでは何が違うのですか?
何か利点等があるのでしょうか?
興味を持ちました。

ご紹介ありがとうございます!
ホームページの方に行ってみたいと思います。

こちらこそどうぞよろしくお願いします!
これからも、分からないことがあったり、相談したいことがあったら聞いてもよろしいでしょうか…?

こんな私でよかったら・・・
まみさんへ
まみさん、またまた鋭い質問ありがとうv-291
私は保健師で社長を目指しています。だから今は開業準備をしながら、お金も少し稼いだり、いろんな出逢いを求めて、お仕事をいただける人脈を作ったり、自分の磨きの期間として、フリーで仕事をしています。
以前働いていた健診センターを12月に辞める時、周りの人はほとんど反対しました。保健師は市町村、企業、病院、健診センターなど、どこかに属しているのが普通です。
今の私はお給料の保障もボーナスも安定もない、フリーです。でも、夢は保健師で社長、保健師のイメージを変えること、なんですv-354
必ず保健師で社長になるので、応援してくださいねv-290


心から応援します!
まみ
返答ありがとうございます。

凄いですね!
自分で開業して社長になるという夢、とっても素敵です。本当に尊敬します!
開業活動は大変だとは思いますが、頑張って下さい!

これからもよろしくお願いします。
また来ますv-291

コメントを閉じる▲
私には尊敬できる看護師さんが2人います。
1人は、特定医療法人 蘇西厚生会 松波総合病院 生活習慣病管理部で糖尿病看護認定看護師として働く山田さんです。
山田さんは糖尿病ナース関係では有名な人
山田さんからのお誘いで、今日は、特定医療法人 蘇西厚生会 松波総合病院 生活習慣病管理部主催の医療従事者を対象とした勉強会に出席してきました。この勉強会の趣旨が、院外・院内の医療従事者のレベルアップのために医師を始め医療チームに参加するすべての立場の人が自分の領域はもちろん、他の領域のことまでも生活習慣病に関する一通りの知識を獲得することを目標としており、スタッフ間の交流などの場にもなるなど、とてもすばらしい会です。
山田さんから今日もう一つのお誘いが・・・
第2回岐阜県糖尿病看護“ちえのやま”研修会・・・。
山田さんは教育講演の座長をされます。

その道のプロ
は、とにかくかっこよく、尊敬します。

そしてもう1人の尊敬できる看護師さんも苗字が同じ山田さん。今は自宅で療養中の山田さんは、私の中の看護師のイメージに最も近い看護師さん。
もう1人の山田さんについては、また今度ご紹介します

ポチッとひと押し、応援よろしくお願いします!→にほんブログ村 ベンチャーブログ 女性起業家へ



【2008/07/24 22:29】 | スーパー保健師tomoの軌跡
トラックバック(0) |
夏休み・・・朝、6時30分少し前に子供とラジオ体操に行きます。
公民館前で行われる夏休みのラジオ体操は地域の行事として浸透しており、お盆と土日を除く毎日、予定が組まれています。ラジオ体操カードに出席のスタンプを押してもらい・・・皆勤賞があります。
お年寄りもたくさん集まります。もちろん、我が家のおばあさん(義母)も

ラジオ体操は、ストレッチと第一、第二、全部まじめにやると汗ばみます
朝から頭に血液が流れ出す感じ 
独居のあばあさんも参加して、子供もお年寄りも、最高の健康づくり

昨日は小学校のプール当番初日、300人もプールに集まりました。
ほとんどイモ洗い状態  でも子供たちの楽しそうなこと・・・
ぶつかり合いながら、狭いプールの中で追いかけっこしたり、潜ったり・・・
2時間経っても飽きることなく遊んでいました。
学校のプールに行く子が少ないと聞き、今の子は仕方ないか・・・と思っていましたが、毎日近所の子と誘い合ってプールに行くのが当たり前だった子供の頃の夏休みを思い出しました。
毎年家族で行っている、ウォータースライダーや流れるプール、そんなの必要ないのかな・・・。子供って、その場の環境に応じて、楽しむことができるんだ。夏休み明けには真っ黒になってていいよね。
監視当番は暑くて辛かったけど、とてもいい経験ができました

ポチッとひと押し、応援よろしくお願いします!→にほんブログ村 ベンチャーブログ 女性起業家へ



【2008/07/23 18:49】 | こころとからだの健康管理
トラックバック(0) |
いよいよ夏休みです
子供達のために、夏休みはできるだけ仕事を調整して抑えたために、7月に入ってから今日まで、休みなしで働きました・・・。
そしていよいよ夏休み

6年生の娘は、小学生生活最後の夏休みです。そのため母は大忙し 
昨日は夜遅くまで子供会主催の夕涼み会、今朝は4時30分起きでスポ少で使う氷の確保、その後8時から町内の清掃活動、昼からはスポ少でプールに入るための準備、子供達にそうめんのサービス、来週・再来週と連続のスポ少合宿の打ち合わせ等など・・・。目の回るような忙しさ・・・
そして合宿の資料作りがまだ残っているので、今晩はいつ寝れるんだろう・・・。しかし
毎日チェックをしながらも、ずっとブログを更新してなかったので、ブログランキングがいよいよやばい
過去最高3位になったこともある女性起業家ランキング、10位以下にはなりたくな~い
なので睡眠時間を削っても、今日こそ更新すると決めての近況報告でした
どうかポチッとひと押し、応援よろしくお願いします!→にほんブログ村 ベンチャーブログ 女性起業家へ


【2008/07/21 00:28】 | スーパー保健師tomoの軌跡
トラックバック(0) |
今日は、株式会社トライフィット様 のスタッフ研修第2段!
先月行われた健康診断結果の120%活用術をお話しました。
もともと健診センターで働いていたので、健診の見方についての講師を依頼された時、「お任せください!」というところでしたが、ただ検査の説明をしてもおもしろくない。
tomo風に健診の受け方、見方、活用の仕方をお話しました。
話し方は下手でも、何か一つでもこころに残る話ができたかな・・・。
講師と受講者の壁を少なく、講演の後で数人が質問など話しをしに来てくださる関係ができたので、まあ、満足

その後、保健師tomoの開業支援をしてくださっている、株式会社トライフィット様 渡邉社長さんから、講師としての私へ、愛のこもったアドバイスを頂きました。最初の挨拶の仕方、言葉の癖など・・・。誰も講師に向かって、思ってはいてもだめだしはくれませんから・・・貴重なアドバイスを必ず生かして、どんどん実績を重ねて、かっこい保健師の講師をめざして!
これからもがんばります

ランキング参加中!クリック1回、応援お願いします!→にほんブログ村 ベンチャーブログ 女性起業家へ

こころと体の健康管理に関する講演依頼、大募集中!
左側のメールフォームからぜひ



【2008/07/12 14:29】 | 講演実績
トラックバック(0) |
タイトルを見て、なんだろう?って思って読んでいただける方、ありがとうございます

今日、偶然手にした無料情報誌に、愛知県一宮市で活動されているNPO法人Well-Beingの記事が載っていました。

これは偶然じゃあない・・・。必要としていたから引き寄せた情報だ

最近、子供達の発達障害について、発達障害の子を持つお母さんや、専門のクラスを担当したことのある保母さんなどと話す機会があり、私自身もまだまだ勉強不足ながらも、何かできないかな?と考え始めていたところです。
私の役目は、まずは身近なところから、そして理解を世の中に広める記事を書くこと・・・くらいですだから、知らない方は最後までぜひお付き合い下さい。NPO法人Well-Beingの理事長松尾さんの記事から一部抜粋させていただきます。

AD/HDとは、注意欠損/多動性障害と訳され、落ち着きがない、動き回る、忘れっぽい、些細なミスをする子供。
アスペルガー症候群とは、知的障害のない自閉症。言語障害はないが、コミュニケーション障害や特定の対象に対する固執や関心の偏りなどが特徴。
これら子供の発達障害は、少し前までは、しつけ方や育て方により発症するものだとされていたが、子供たちの50人に3人が抱える先天性の脳の障害である。障害と知らずに、虐待やいじめの事例が絶えない。

前述の保母さんの話では、健診での見落とし、認めたがらない親の問題、発達障害の子供は水面下に潜んで苦しんでいる・・・ということでした。

子供の存在を否定せず、ありのままの自分に自信を持たせる・・・。
それには正しい理解が必要です。
今日は情報提供してみました。随時更新していきます。ご意見・ご質問、受け付けます

ランキング参加中!クリック1回、応援お願いします!→にほんブログ村 ベンチャーブログ 女性起業家へ



【2008/07/10 22:18】 | 出産・子育て
トラックバック(0) |
以前にも取り上げました「とくだね!」小倉さんのオープニングトーク。→過去の記事はここをクリック
昨日のお話はとても勉強になりました。
ふだん何気なく使っている医学用語が、一般の人にとっては全く理解できなかったり、誤解を生んだり、時には不安を与えたりしている・・・。
私は20年前、看護学生時代に医学についての知識を習得しました。でも、臨床経験(病院で看護師として働いた経験)がないので、病院などで飛び交う医学用語についてはとても疎いです。医学用語は医療従事者間で会話をする時には必要でも、健康相談などでは必要ないので使わないように心がけてきたのですが、小倉さん曰く、「誤嚥=ご縁?」だったことに少しショックでした。家族に聞いても同じ反応・・・。そうか・・・私はふつうに「誤嚥」って使っていたな・・・と。
誤嚥とは、食べ物や唾液などが、気管に入ってしまうことです。のどの奥は、胃につながる食道と、肺にいく気管に分かれて、食べ物などがふつうに食道を通って胃に行かず、気管に入ってしまい、肺で細菌が繁殖すると誤嚥性肺炎などがおこることがあります。

今後、医学用語情報を時々ブログでご紹介していこうと思います。これが聞きたい!という疑問など、ぜひお寄せ下さい。わかりやすく説明できるようになるのは、自分の勉強のため・・・

今日も最後までお付き合い、ありがとうございました。
ついでにクリック1回、ランキングも上位目指してます!!→にほんブログ村 ベンチャーブログ 女性起業家へ

医学用語についての小倉さんの記事が読みたい人はここをクリック

【2008/07/09 13:08】 | こころとからだの健康管理
トラックバック(0) |
今日は岐阜地方、とても暑かったです。
私は午後から子供達のバレーボールの練習に付き合っていました。
体育館の中は蒸し風呂、じっとしていても汗が出る・・・
子供達にはこまめな水分補給と、顔を真っ赤にしてる子にうちわで風を送ったりしてました。

今回のテーマは久しぶりに保健師らしく、熱中症予防・・・
実は私、去年の夏休みに家族で挑戦したマラソン大会で熱中症を初体験
体が燃えるように熱くなり、頭がガンガンして、めまいと吐き気が襲い、これは死ぬかも・・・と一瞬思ったくらいの苦痛を経験しました。
冷房のきいた場所に移動し、冷たい水を飲み、横になって休んでいたら、少しづつ回復しましたけど、あれ以来、ほんとに気をつけてます

熱中症は特に幼児やお年寄りにとっては命も奪う危険もあります。
数年前に、夕方畑仕事から帰宅した義父(70歳)の異変に気づいたのは私、本人もまさかと思っているし、家族も「おじいさん、なんか調子悪いの?」と言っている・・・そのうち意識がもうろうとし始め・・・あわてて私は病院に連れて行きました。体中を冷やし、点滴し、数時間病院で様子をみて帰宅・・・こんな時には重宝がられる医療従事者でした・・・

熱中症になってしまったら、冷やす、水分補給が基本ですが、意識がなくなったり、反応がおかしくなったり、吐き気で水分がとれなくなったら、急いで医療機関に連絡しましょう!

熱中症にはならないのが一番!予防のポイントは、
1.のどが渇く前に、こまめに水分補給。
2.スポーツドリンクは、糖分も多く含むので氷で薄めて飲むとちょうどいい。
3.冷房・除湿機能を上手に利用。家の中でもガマンし過ぎるとお年寄りなどは熱中症になることも。
4.日頃から疲れをためない、十分な睡眠・休息。

環境省熱中症予防情報サイトによると、まだ今日より涼しかった6月末の1週間に、名古屋で3人の熱中症患者が報告されています。
これからいよいよ夏本番、自分の体は自分で守る、幼い子やお年寄りを熱中症から守る、みんなで楽しい夏を過ごしましょう

ランキング参加中!クリック1回、応援お願いします!→にほんブログ村 ベンチャーブログ 女性起業家へ

20年以上も前の話ですが、私が部活をしてた頃は水を飲んだらいけないって指導でしたから・・・今思うと、よく誰も倒れなかったと思います


【2008/07/05 22:29】 | こころとからだの健康管理
トラックバック(0) |
最近、子供関係でいろいろありまして・・・仕事の面でも何かにせかされた感じで、なんとなく不安で沈んだ気分が続き・・・肌はボロボロ、眠れなかったり食べれなかったり、酒に頼ってしまったり・・・こりゃいかん うつ傾向だ・・・なんとかせねば!と、もがきながらヘビーな1週間が過ぎました。

昨日、久しぶりにいとこのにこ蔵さんからメールが届きました。→にこ蔵さんの紹介記事はここをクリック
その内容は、ある知的障害者さんの書いた詩でした。「僕が生まれたのには理由がある 生まれるってことはみんな理由があるんや・・・僕の身体の中にも宇宙がある 小さなアリのからだの中にもいくつもいくつも宇宙がある・・・」 この詩が久しく宇宙を感じていなかったなあ・・・と気づかせてくれました

今日、ある職場の健康相談で、過去にうつ病を患ったAさんと面談しました。
Aさんは今はうつ病を克服され、うつ病だったことを職場で公表し、辛かった体験を通して職場の仲間が自分のようになって欲しくないという使命のもと、中間管理職をされています。
うつ病で長期に休んでいる間、いろんなことを考え、だんだん体調がよくなってくると仕事がしたいなと思ったそうです。仕事をしているから休みが楽しみになる。休むことが仕事になると、休みはちっとも楽しくない、と言われました。Aさんはプライベートで趣味を持ち、ストレスをためない生活を送り、仕事が人生のすべてではない、と思えるようになったとも言われました。
面談が終わって、Aさんから癒された自分に気づきました

健康相談の合間に、その部署の年配の偉い方と雑談をしていて、職場での人間関係の話になり、「どこにいても人間関係で人は悩む、でも、人間関係がなかったら味気なくて、悩むから人間らしいんだけどね」と言われ、最後に「がんばって仕事してよ」と応援してくださいました。

先日、ある社長さんから勧めたいただいた本を偶然寝る前に開き、そこに書いてあった1文を思い出しました。「人間には自分に必要なものを引き寄せる力が備わっている」

このブログを書いてる真夜中、私は自分自身を救うために、多くの必要なメッセージを引き寄せたのかも・・・と思う楽天的ないつもの私に戻りつつあることに気づきました

ポチッと応援よろしくお願いします!→にほんブログ村 健康ブログ 健康カウンセリングへにほんブログ村 ベンチャーブログ 女性起業家へ




【2008/07/05 01:00】 | tomo風スピリチュアルメッセージ
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。