保健師の私の、起業からはじまった路(未知)、足跡。 あなたに寄り添うことに覚悟を持って。
今日もご訪問ありがとうございます 
スーパー保健師の永井杜椛(tomo)です。
本名は永井知子です
2008年1月よりフリーの保健師として活動開始。
同年10月に健康支援ディアスを開業。
2011年3月、一般社団法人健康支援ディアスを設立。
2012年3月~2015年5月、健康コミュニティカフェ、自然食ランチの感動カフェ・ディアスの運営。
2013年1月~2016年3月、軽度発達障がい児などのための支援塾 たけのこ親子塾の運営。
2014年3月~2015年12月、体にやさしくて美味しい食の提供、ケータリング事業部 運営。
2014年12月、全国ボランティアナースの会 キャンナス岐阜代表。 フェイスブックページはこちら! 
2015年12月、株式会社くらしケア 取締役就任。 フェイスブックページはこちら!

健康づくりコンサルタント、、講演活動、がん患者支援活動、障がい児者支援活動などをしています。
あなたとつながっていられますように。
Facebookやってます。お友達申請受付中!
                          
 変換 ~ diaz_logo  kurashicare_logom2a_convert_20160218060531.jpg
スポンサーサイト

【2017/12/21 23:01】 | スーパー保健師tomoの軌跡
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-



mitsui♡
ねえ、私が買っちゃダメ?
へへへv-236

気持ちだけはアラフォー!

ふふふ・・・・♪
mitsuiさんへ
あれv-361 
mitsuiさんって、同年代じゃあなかったっけ~v-411

ちょっと話は違うけど、先日、元気な高齢者の方たちと話す機会があって、その方たちが口をそろえて言っていたのが、「若い人と仲良くするv-343」でした。
あそこが痛いとか、病気の話とか、愚痴しか言わない同年代より、若い人からパワーをもらうんですってv-21






成戸克圭
経営応援セミナーに参加させていただいて、有難うございました。
いつか将来的に私が企業に対してメンタルヘルスの対策をお勧めするといった時に、永井さんがどのような講演をされるのか、と言う意味合いで興味がありました。
今回の自分の体と心の扱い方のエクササイズを日常でやってみたいと思います。
有難うございました。
今後も宜しくお願いします。

こちらこそ、ありがとうございます!
成戸克圭さんへ
成戸さん、今日はありがとうございました!
まじめな成戸さん、きっとたくさんのクライアントさんがつくことでしょう!
これからもよろしくお願いしますv-22


承認待ちコメント
-


承認待ちコメント
-


承認待ちコメント
-


恵藤憲二朗と申します
恵藤憲二朗
恵藤憲二朗と申します
この日記はためになりますね。
また来ます。


井澤愛子
初めまして。私も近い近い将来、開業を目指している保健師です。
繋がりたい、お近づきになりたいと思ってコメント残しました。
よろしくお願いしますヽ(*^ω^*)ノ

コメントを閉じる▲
こんにちは。杜椛です。
金木犀が満開です。この季節が一番好き。

14720606_1142586879156136_1215631630083836405_n_convert_20161020235756.jpg

ブログの更新をサボってたので、スポンサーサイトになってた^^;

facebookは毎日更新してるので、ぜひチェックしてね! 
  → こちらをクリックしてね!




【2016/10/21 00:07】 | スーパー保健師tomoの軌跡
トラックバック(0) |
保健師、看護師、ケアマネジャー、相談支援専門員(障がい福祉のケアマネジャー)の杜椛(とも)です。
今、これだけの資格をフル活用して仕事ができる幸せを実感してます☆

2015年10月、障がい児・者のくらし全般をサポートする、株式会社くらしケアが誕生。
2016年2月、くらしケア岐阜訪問看護ステーション、くらしケア介護障がい相談センターを開業。
そして、10月までには訪問看護ステーションの拠点を各務原市と愛知県江南市に増やします。
そのために、くらしケアでは看護師、保健師大募集中!
訪問看護の経験はなくてOK!
20代、30代の若い方からリタイア後の人生経験豊富な方まで!
精神保健福祉士、精神科作業療法士も募集中。

平成27年、厚労省は障害者総合支援法の対象となる疾病数を332種類に拡大しました。
医療と福祉、療育や教育の統合。
精神障がい者の地域移行。
医療的ケアの必要な重症心身障がい児の在宅支援。
放課後等デイサービスの急増に伴う利用相談。
就労継続支援A型事業所、B型事業所への就労相談。
障がい者の親亡き後問題、住まいの相談。
障がい福祉サービス事業の運営支援。

くらしケアの2016年6月末現在の仲間は7名。
障がいに特化した様々な専門的支援を目指します。
誰でも見れる、facebookページはこちら→くらしケア
何度も言いますが、仲間募集中☆

2015-6-24_convert_20160628062140.jpg



【2016/06/28 06:28】 | スーパー保健師tomoの軌跡
トラックバック(0) |
こんにちは。杜椛(とも)です。
ブログの更新をさぼってました^^;
とにかく目まぐるしく目の前の景色が変わって、ジェットコースターに乗っるみたいに楽しんでます。

先日、すっごい人に出逢いました。
吉藤オリィさん。

13344703_1038768329537992_731251248738743497_n_convert_20160607074725.jpg

すっごいイケメン。
そして、ご本人には大変失礼ながら、宇宙人!!!
リアル・ドラえもん!!!
なんだそれ??

オリィさんの紹介はこちらをぜひ☆ → みんなの夢アワード

おりひめの開発者です。
ただのロボットじゃない。これはね、分身なの。見て体験しないとそのすごさはわからないのかもしれない。
だから、岐阜にオリィさんをまたお招きして、たくさんの人に知ってもらえるようにしようと思っています。

さて、出逢いの経緯はこんな感じ。
相談支援専門員(障がい福祉のケアマネ)として、ご支援している筋ジストロフィーの方がもうすぐ気管切開をします。
気管切開をすると、会話ができなくなります。
少しだけ動く手と目の動きでコミュニケーションをとるために。
意思伝達装置っていう福祉用具が開発されてます。
でも、その使い勝手の不自由さで、コミュニケーションをとるのをあきらめたりする人たちがいる。

オリィさんが開発中の画面上に視線を送って伝えたいことを入力し、それを分身ロボットオリヒメが話すコミュニケーション。
上手く伝えられないけど、夢と希望に満ちていました。

オリィさんができないことを可能にし、誰も考え付かないような発想で重い障がいを抱えた人たちの生活が豊かになる。
動けなかった人が自由自在に行きたいところ行き、世界が広がる。
まだここで私がシェアすることはできないけど、あきらめる必要なんてない。
もうそれは近い将来やってくる。

私は地球人で超凡人だけど、必要な時に絶妙なタイミングで出逢いを引き寄せるラッキーなところがある。
障がい児者のくらしは必ず豊かになる。
いつでも、くらしケアに相談してください☆ 058-214-6592


【2016/06/07 08:18】 | スーパー保健師tomoの軌跡
トラックバック(0) |
今日は5月7日(土)、GWいかがお過ごしですか?
私は、29日の夜に岐阜を出発し、被災地熊本へ行ってきました。
29日は氷室京介の引退ライブに旦那さまと行く予定だったけど、私の代わりに父娘でヒムロックを楽しんでもらいました。

熊本までのドライブは休憩なしで10時間。
途中、仮眠をとって深夜のドライブ。
被災地のために何かしたい、、、っていうたくさんの人たちの想いを背負ってたので責任重大。

エコノミークラス症候群の予防のために弾性ストッキングが必要という情報を得て寄付を募った1週間。
なんと150足余りの品が集まりました。

13092049_1014058495342309_8287330948946885679_n_convert_20160507174334.jpg

13043635_1014353121979513_4789955714800425060_n_convert_20160507174253.jpg

被災地支援の方法はいろいろあって、弾性ストッキングをキャンナスの活動拠点に送るって方法もあったけど。
現地の人と触れ合って、手渡ししたかった。
寄付してくれた人たちの想いを代表して伝えたかった。
履き方の説明もして、有効活用してもらいたかった。
結局は、自己満足なんだけど。

facebookで知り合った熊本在住の方からのご紹介で、最初にお伺いしたのは熊本県精神保健福祉センター。
様々な障がいのある方々が避難所生活を送っていらっしゃいました。
障がい児者の支援が本業になっている現在、避難所生活でどんなにか不自由や肩身の狭い思いをされているかと思うと、どうしても訪問したかった先です。
たくさんのボランティアさんも入り、少しずつ元気を取り戻しつつある様子を拝見してほっとしました。

やはり、直接現地に行かないとわからないこともたくさんあって。
夜中の余震は怖かったし、倒壊した家屋を見て何度も胸が苦しくなった。
でも、避難所の方々は「遠くからよく来てくれたね~」って、温かく迎えてくれた。
熊本まで行って良かったし、行かせてくれた家族や周りの方々に心からありがとうと言いたいです。

写真は、高齢者施設で避難生活をしているお年寄り。
弾性ストッキングを履いて、笑顔で写真撮影の許可をくださいました。

13133317_1017208435027315_9218157484613620584_n_convert_20160507174149.jpg

もちろん現地でお金も使ってきました。
それも被災地支援だから。
クール宅急便で届いた馬刺しと焼酎、最高でした!

まだまだ復興までには時間がかかると言われています。
また行けたらいいなと思います。


【2016/05/07 18:19】 | スーパー保健師tomoの軌跡
トラックバック(0) |